2007年03月06日

銀色のエキストラたち

Image039v.JPG映画銀色のシーズン撮影に参加してきました。

3月3日 午前7時、白馬シャンツェ(ジャンプ台)下のエキストラ受付へ。
登録No.を告げ受付を済ますと、参加者カード・飲料水・お尻敷きを渡されます。
そして到着順にチーム分けされ(私はチーム配属)いざ撮影現場へ!

現場ではすでに撮影スタッフの皆さんが慌しく準備を進めています。
チームごとに列を作って待機していると、助監督さんから撮影の注意点などの説明が。そうこうしているうちに、本日の1カット目の撮影開始。

まずチームが呼ばれ、さらにチームも召集。
このシーンではエキストラの持参したスキーやボードを手にしての撮影です。
さらに人数が欲しいということで「いよいよか!」と思っていると、、、、
「じゃぁ、。こっち来て〜」

え、え、え、は???

よくよく聞くと、カットごとに立ち位置が違うのに同じ人が写る矛盾を防ぐ為にDを残しているのだとか。
なるほど。。

ここでチームだけ温存されたおかげか、比較的はっきりと写るようなシーンで使われたような気がします。。。気だけかも(汗
どんなシーンだったのかは、公開されてからのお楽しみですね。
いや〜、12月が待ち遠しい。

さて、ここでエキストラに参加するにあたってのポイントを幾つか。

・防水断熱のしっかりした敷物または小さな折りたたみイスがあると楽
現場ではほとんどが待ち時間です。お尻敷きは配られますが、30cm角程度なのですぐズレてしまいますんで。

・トイレは早め早めに
撮影現場からトイレまで結構な距離があります。撮影はいきなり声がかかることもありますので、タイミングを見計らって済ませましょう。

・温度調節のしやすい服装で
ウェアの下に着る服装を考えて、現場で温度調節できるようにしておきましょう。
太陽が出ると予想以上に暑いです。

・日焼け対策は万全に
エキストラの待機場所に日影はありません。折りたたみの日傘などあってもよいかも。

・滑れる装備はあったほうがベター
撮影の小道具として以外にも、終了後に名木山を滑り降りられるので。。。

・荷物は最小限で
これまでのポイントと相反する部分がありますが、、、受付から撮影現場まで結構登ります。荷物が多いと大変だぁ!

こんなとこでしょうか。
まだまだエキストラ募集は続いてます。一度は参加してみるのも面白いっすよ〜^^
Image043v.JPG
エキストラ登録はコチラから
製作裏話はコチラのブログ

ちなみに記念品はコレでした→ 
posted by “K” at 23:55| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | スキーなニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

クライマックス!

以前にも書いた来冬公開のスキー映画銀色のシーズン
白馬では年始から各地でロケが続いています。

この映画のあらすじをちょっと紹介
「10代でモーグル競技の全日本エースになった城山銀(瑛太)は、競技中に大怪我をして引退。現在は遊び感覚でスキー場の便利屋を営んでいる。
そんなある日、スキーの全く滑れない東京から来た七海と出会う。七海は、町が村おこしのため企画した雪の教会での結婚式で、スキーを滑るため練習にやって来た。
七海はスキー場の便利屋である銀にスキーのコーチを依頼するのだが・・・。
大町市広報より)

撮影もいよいよ佳境に入ったようで、3月3日〜11日にはクライマックスシーンのロケが行なわれるそうです。
このクライマックスシーン、モーグル大会だそうで観客のエキストラを現在大募集しています。
なんとこの期間は人数無制限、のべ一万人規模エキストラでの撮影を企画しているとか。

しかしながら、まだエキストラ登録している人数が足りないようです。
『私をスキーに連れてって』以来とも言われる本格スキー映画、話のネタに参加してみるのはいかがでしょう。
(↑この映画に関しては まっさん先生のブログにもエントリが)

私も3月3日にエキストラ出演してきます。
FeelingSkiSchool関係では、先日レッスンを受講されたkaorinさん10日に参加されるようです。
kaorinさんのブログ

全キャストが参加するシーンらしいので、主役級の瑛太玉山鉄二、スキーアドバイザーの岩渕隆二氏を始め、日によっては田中麗奈佐藤江梨子の滑走シーンも見れる!!!、、、かも。

エキストラ登録はコチラから
製作裏話はコチラのブログ

posted by “K” at 17:44| 長野 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | スキーなニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

銀色のシーズン

本日、ニュースサイトを巡回しているとこんな記事が、、
「海猿」羽住監督が雪山撮る!来年冬公開』

我が雪猿亭繋がりのこのニュース、ちょっとご紹介します。


『夏の海の次は冬の雪山へ−。興収71億円で今年の実写邦画
NO.1に輝いた「LIMIT OF LOVE 海猿」の
羽住英一郎監督が、今度は競技スキー(=モーグル)を
テーマにした映画「銀色のシーズン」(来年冬公開)
を手掛けることが8日、分かった。』

(サンケイスポーツより)

年明け1月から白馬で撮影するそうで、白馬村全面協力のもと
10トントラック7000台分
撮影用のモーグルコース雪のチャペルを作る予定だとか。
この冬は白馬のあちこちでロケ風景が見られるかもしれませんね。

雪山の楽しさ、スキーの面白さを感じさせてくれる映画を期待してます。

TOK先生の撮影講座の内容を念頭において、
スキーシーンを見るのも面白いかも、ですよ^^

参考リンク
YAHOO!ニュース
goo映画

・映画関連ブログ
Hobby's Station Movie Info
月ひかるの日記

posted by “K” at 16:47| 長野 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スキーなニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。