2007年03月06日

銀色のエキストラたち

Image039v.JPG映画銀色のシーズン撮影に参加してきました。

3月3日 午前7時、白馬シャンツェ(ジャンプ台)下のエキストラ受付へ。
登録No.を告げ受付を済ますと、参加者カード・飲料水・お尻敷きを渡されます。
そして到着順にチーム分けされ(私はチーム配属)いざ撮影現場へ!

現場ではすでに撮影スタッフの皆さんが慌しく準備を進めています。
チームごとに列を作って待機していると、助監督さんから撮影の注意点などの説明が。そうこうしているうちに、本日の1カット目の撮影開始。

まずチームが呼ばれ、さらにチームも召集。
このシーンではエキストラの持参したスキーやボードを手にしての撮影です。
さらに人数が欲しいということで「いよいよか!」と思っていると、、、、
「じゃぁ、。こっち来て〜」

え、え、え、は???

よくよく聞くと、カットごとに立ち位置が違うのに同じ人が写る矛盾を防ぐ為にDを残しているのだとか。
なるほど。。

ここでチームだけ温存されたおかげか、比較的はっきりと写るようなシーンで使われたような気がします。。。気だけかも(汗
どんなシーンだったのかは、公開されてからのお楽しみですね。
いや〜、12月が待ち遠しい。

さて、ここでエキストラに参加するにあたってのポイントを幾つか。

・防水断熱のしっかりした敷物または小さな折りたたみイスがあると楽
現場ではほとんどが待ち時間です。お尻敷きは配られますが、30cm角程度なのですぐズレてしまいますんで。

・トイレは早め早めに
撮影現場からトイレまで結構な距離があります。撮影はいきなり声がかかることもありますので、タイミングを見計らって済ませましょう。

・温度調節のしやすい服装で
ウェアの下に着る服装を考えて、現場で温度調節できるようにしておきましょう。
太陽が出ると予想以上に暑いです。

・日焼け対策は万全に
エキストラの待機場所に日影はありません。折りたたみの日傘などあってもよいかも。

・滑れる装備はあったほうがベター
撮影の小道具として以外にも、終了後に名木山を滑り降りられるので。。。

・荷物は最小限で
これまでのポイントと相反する部分がありますが、、、受付から撮影現場まで結構登ります。荷物が多いと大変だぁ!

こんなとこでしょうか。
まだまだエキストラ募集は続いてます。一度は参加してみるのも面白いっすよ〜^^
Image043v.JPG
エキストラ登録はコチラから
製作裏話はコチラのブログ

ちなみに記念品はコレでした→ 
posted by “K” at 23:55| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | スキーなニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Kさん こんばんは
3日に映画現場におられたんですね。
今回3/3〜3/5まで念願の八方遠征しました。
3/3の3時前にトリプルリフトで上がり、その時に
撮影現場を通り、あそこにKさんがいるのかなあと
眺めてました。
雪が少なめでしたが、やはり八方は素晴らしい
スキー場ですね。tokさん始め色んな方とお会い出来て
楽しいスキー旅行を経験させて貰いました。
Posted by MASA at 2007年03月07日 01:28
MASAさん、毎度コメントありがとうございます。

ついに白馬に登場ですか!
滑ったコースは、やっぱり「不整地スペシャル」だったのでしょうか^^;
今回ご一緒できず、非常に残念でした。。。。
次こそは是非!(来年のニセコかな???)
Posted by “K” at 2007年03月08日 18:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。