2007年01月12日

フィーリングスキーで滑る、粗踏み・不整地入門 その1

年始の3・4日はデイリーでのテーマレッスン
『フィーリングスキーで滑る、粗踏み・不整地入門』でした。

3日はKOIさんご一家のレッスン。
皆さんフィーリングスキーのレッスンは初めてです。
お父さんは私の『粗踏み・不整地入門』、
お母さんとお嬢さんお二人Ika先生のフィーリングレッスン
を受講となりました。

レッスン受講の動機を伺うと
「荒れた斜面の滑り方が分からず疲れてしまう」とのこと。
まず滑りを見せていただくと、ターン前半で急にスキーの向きを変え
ターン後半に脚を突っ張ってしまっています。

そこで、土踏まずの辺りにオレンジをイメージして、
じんわり潰れ〜戻る意識で滑ってみました。
これで滑りが大きく変わりました。
ターンを急がなくなり、エッジングが優しくなってきたのです。
さらに潰れたオレンジから染み出たジュースが自分にかかるイメージを
持ってもらうと、ターン後半の脚の突っ張りが減り柔らかく動き始めるように。

ここまで出来ればしめたもの。
コース脇の荒れ斜面や浅いコブを探してはどんどん滑ってもらいます。
KOIさんも感覚を掴まれたようで、滑りが活き活きとしてきました。
その後はコアに引かれる意識キャスターターンSound of Musicターンなどを交え、不整地での滑走を楽しみました。

KOIさん、ご家族の皆さん、またご一緒に楽しみましょう!

posted by “K” at 01:47| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | FeelingSkiSchool | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日はありがとうございました.
全くの初体験でありましたが,「目からうろこ」とはこのことで,らくして・楽しく滑るきっかけを掴ませて頂きました.
イメージすることで,体が自然に良い位置にセットされ,自分でも安心してスキーを操作できるようになりました.
キャスターターンで4輪をしっかり感じて次のターンへと入るとすこぶる調子がよろしかったです.
3月に直行バスで又出撃します.その節はよろしくお願いします.
Posted by KOI at 2007年01月12日 21:48
KOIさん、コメントありがとうございます。
よいフィーリングを掴まれたようで何よりです^^
濃いガスで視界の悪い中、コース脇の荒れ斜面を
楽しそうに滑られるKOIさんが印象的でした。
次回楽しみにしておりますよ〜
Posted by “K” at 2007年01月13日 18:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31265325

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。