2006年12月30日

強風と会議とサンタクロースと。。

さて、先日の12月23-24日は
47でFSS教師の皆さんと研修会を行なっていました。
このときの様子をちょっとだけご紹介。

23日六花童子先生、吉田先生、まっさん先生、“K”の4人+の先生?で斜面にあわせたレッスンを考えながらコースを視察に回りました。
ココで注目は六花童子先生のスキー。なんとO社のPowderGirlです。この板、セミファットレディースモデルなのですが、「(レーシングやデモ用のモデルに無い)適度な緩さ加減がちょうど良い」との事でした。
確かにハードなデモモデルよりLetスキーで長距離滑るのに向いている気がします。
しかしこの板でも、しっかりと圧を捉えデモモデルと遜色の無い小回りを見せる六花童子先生、、、流石です。

この日は下山時に強風でゴンドラが減速運転。五竜との連絡リフトも止まり、ゴンゴラ山頂駅で2時間ほど待機することに。。。
まぁ、これも自然が相手のスキーならでは。この時間が先生同士の貴重な情報交換の場となりました。

24日午前中はFeelingSkiSchoolの運営に関するミーティングに参加。
お昼前からゲレンデに出ました。
当日は47の恒例パフォーマンスDay
テーマに沿ったコスプレで当日のリフト券が貰える日です。
この日もテーマのサンタやトナカイがあちらこちらで盛り上がっております。
そういう私もクリスマススペシャルと称してサンタ衣装に身を包んでの滑走なのでした^^

午後からはmikawa先生、しろくま先生、しろくま先生のお連れさん(Gonさん)をモデルにしての実践レッスンです。
先生方2名はフィーリングスキーに精通されてますが、Gonさんはほとんど未経験とのこと。
さっそく滑りを拝見すると、ちょっとエッジへの依存が大きく、スキーのズレを有効に使えていない様子です。
そこで、まずは足裏にオレンジを意識したプルークファーレン〜ボーゲンズレに乗る感覚を体験していただきました。
その後、オレンジの潰れ方や転がり方の変化キャスター意識Sound of Musicターン愛のターンコアに引かれる意識など
色々なイメージにチャレンジ!
Gonさんも段々とズレに乗っての感覚を得られたようで、驚くほどに安定感が増してきました。
最終のR-2不整地の滑走ではホントに見違える滑りをされておりましたよ@_@

ぜひ、またご一緒しましょう(しろくま先生よろしくです)
・・・・・Kサンタのアヤシい姿はしろくま先生のブログにて^^;汗汗

posted by “K” at 17:58| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | FeelingSkiSchool | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。